HOME > OB&OG > 藤田 幸成

OB&OG

経営分野

顔写真

リビングギャラリー
代表取締役 社長

藤田 幸成

 

すべての基本は、「人」にあります。

ゼロから関係を作る仕事

私が社長を務めている株式会社リビングギャラリーはアパートやマンションなど賃貸物件の管理・仲介を行っている会社です。最初は一社員として、まず長岡、次は上越と、店舗の立ち上げから運営まで、責任者としてずっと携わってきました。 まったくのゼロからスタートして店舗を軌道に乗せる仕事をしていました。 当時から心がけていたのは、管理ではなく、経営を行うことです。どうすればもっと良くなるか考え、実行し続けることが大切なんです。このような経験を積みながら、27歳の時には上越・中越の店舗を統括する取締役営業部長の職についていました。 社長になったのは、ある日、前社長に呼ばれて、「社長をやってみないか」と突然言われたからです。「じゃあ、やります!」ということになったのですが、今は責任の重さというものを痛感しています。

自分ひとりじゃ何もできない、という立場

社長になると、みんなで力を合わせることの大切さが、とてもよくわかるようになってきました。
なにより、社員の成長する姿を見ることが、とてもうれしいんです。
実は、この仕事で営業を行う上で最も大切なものは一人ひとりの個性なんです。
結局この仕事は「人」に尽きるんですね。私たちのビジネスの面白さは、自分ひとりじゃ何もできない、という立場に立って、建築業者、不動産業者、金融機関、さらにはお客様など、人と人の仲介を行う部分にあります。そこから関係性が生まれ、情報が流通し、大きな財産である人脈が形成されてゆくのです。人が好き、関わるのが好きという人にはとても魅力的な仕事じゃないかと思います。
今現在の夢は、上場しようということです。全社員が一丸となってこの目標に邁進しています。
自分自身も、この会社も、やらないで後悔するよりは、とりあえずなんでもやってみたほうがいいんじゃないかと考えるほうです。経験は、後から付いてくるものだと思います。

きっかけはNBCの勉強から

私はNBCに入って宅地建物取引主任者の資格を取ったことがきっかけで、この仕事に就くことができ、そして社長になったわけですから、学校の勉強はとても役に立っていると思います(笑)。
実際は、高校生の頃から、将来の目標を決めている人は、ほんの一握りだと思うんです。
資格取得が現在につながった自分のように、勉強から興味が生まれることもあると思います。仕事も学校も、ガマンが大事。すぐあせらない。すぐあきらめない。
目の前のことを一つひとつクリアしていき、とにかくその場その場で最善を尽くすようにがんばりましょう!

写真

写真